会長挨拶

 

2021-2022年度(33代)会長 植木 盛雄

会長方針 「今できることを」

 

 昨年度は創立30周年の記念年であり、また森本敬三ガバナーを輩出いたしました慶賀の年になりました。誉れ高き大田原中央RCの会長を仰せつかりましたが、何分力不足でありますが会員の皆様のご指導ご協力を賜り、クラブを盛り上げて参りたいと存じます。

 本年度RI会長シェカール・メータ氏は「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするため」にもっと行動をもっと成長を求めておられます。奉仕活動につとめ、心を共にする会員を増やし、結果として社会貢献することがロータリーに求められていると考えます。

 昨年より続くコロナ禍の中、家庭生活や仕事が様々な制約を受けました。RCの活動も例外ではありません。地区大会から例会に至るまで規模の縮小を余儀なくされましたことはご承知の通りです。この状況下、大田原中央RCは「楽しさ」や「活力」を失うことはありませんでした。

 今年度も活動が制限されることが予想されますが、こんな今だからこそ奉仕活動や親睦活動は貴重です。今できること会員皆様と考え、実行して参りたいと存じますのでよろしくお願いいたします。