クラブ紹介

概 要

大田原中央ロータリー・クラブは1990年(平成2年)4月18日誕生しました。
クラブ初代会長は西山 良依氏が務めました。
現在、会員数21名の会員が親睦と奉仕をからみ合せながら楽しい委員活動をしております。

名 称 大田原中央ロータリー・クラブ
所属地区国際ロータリー第2550地区
所属地域栃木県大田原市
スポンサークラブ大田原ロータリークラブ
特別代表戸辺 隆(大田原RC)
創立年月日1990年4月18日
RI加盟認証日1990年5月7日
(認証順位No.1894 JAPAN)
チャーターナイト1990年9月30日
会場:大田原市総合文化会館
事務局〒324-0062
栃木県大田原市中田原 2082-3(有)勝田屋記念会館内
TEL0287-23-4165
FAX0287-23-4188
例会日時毎週木曜日 12:30〜13:30
最終月例会19:00〜20:00
例会会場KATSUTAYA(TEL0287-23-4165)
会員数2023年7月1日現在:22名

組 織 図

役員・理事・委員会

2024-2025年度 大田原中央ロータリークラブ
役員・理事・委員会委員構成表


:役員(7名) :理事(14名)       修正日:2024.04.04

会 長〇 ★
藤田 善幸
副会長〇 ★
稲沢 武礼
幹 事〇 ★
平山 賢一
副幹事兼IT推進担当者〇 ★ 
富塚  保
会 計〇 ★
滝沢 誠二
副会計〇 ★
藤沼 孝幸
S A A〇 ★
天野 雅彦
副S A A
小川 典重
監 査
小野田 裕

クラブ運営委員会

委員長小委員会名委 員

植木 盛雄
出  席藤沼 孝幸
ニコニコBOX滝沢 誠二
プログラ富塚  保
親睦活動:ロータリー家族稲沢 武礼

会員増強委員会

委員長小委員会名委 員

川永 作衛
会員増強・選考渡辺 公平
松本 千文
戸野 香菜恵
髙安 良伸
津久井富雄
川口 篤史
分類・退会防止小野田 裕

広報委員会

委員長小委員会名委 員

森本 敬三
会報ロータリー情報・雑誌髙安 良伸

奉仕プロジェクト委員会

委員長小委員会名委 員

池田 忠
職業奉仕天野 雅彦
社会奉仕植木 盛雄
国際奉仕小川 典重
青少年奉仕君島 孝明

ロータリー財団委員会

委員長小委員会名委 員

君島 孝明
ロータリー財団米山記念奨学会池田 忠

例会場案内

名 称 KATSUTAYA
http://www.katsutaya.com/
所在地 栃木県大田原市中田原 2082-3
曜日・時間毎週木曜日
12:30~13:30
最終月例会
19:00~20:00
電話番号0287-23-4165
FAX0287-23-4188

クラブ受賞・被表彰記録

2018年 10月 2016-2017年度 1人当たり年次基金額
   100ドル達成クラブ
2016年10月 2015-2016年度 米山記念奨学会寄付額
   1,000万達成クラブ
2015年11月 地区功労賞
   森本敬三(第1グループガバナー補佐)
2015年 11月 毎年あなたも100ドルクラブ(13-14年度)
公益財団法人ロータリー日本財団理事長 千 玄室 氏
2011年 10月 クラブ活性化賞
ガバナー 比企 達男 氏
2011年10月 RI会長賞受賞
会長 カルヤン・バネルジー 氏
2011年 10月 毎年あなたも100ドルクラブ(09-10年度)
公益財団法人ロータリー日本財団理事長 岩井 敏 氏
2011年 10月 毎年あなたも100ドルクラブ(09-10年度)
公益財団法人ロータリー日本財団理事長 岩井 敏 氏
2009年 3月 感謝状(米山功労クラブ)
財団法人ロータリー米山記念奨学会 理事長 板橋 敏雄 氏
2008年8月 RI会長賞受賞
会長 ウィルフリッドJ. ウィルキンソン 氏
2008年 会員増強努力賞
ガバナー 近藤 隆亮 氏
2007年 5月13日 会員増強努力賞
ガバナー 落合 雅雄 氏
2000年6月 RI会長賞受賞
会長 カルロ・ラビッツァ 氏
1999年 5月 RI会長賞受賞 会長 ジューム・L・レイシー 氏
1999年4月22日 表彰状(警察犬飼育及び操作救助活動)
広瀬 憲一 氏
1994年 5月22日 感謝状(米山功労クラブ)
財団法人ロータリー米山記念奨学会 理事長 末長 直行 氏
1994年 3月16日 感謝状(那須共育学園へのトイレ設置)
大田原市社会福祉協議会 会長 千保 一夫 氏
1993年 4月 感謝状(楽器購入費負担)
大田原市吹奏楽団 団長 増渕 五郎 氏
1991年1月5日 感謝状(優勝旗、メダル等購入費用協賛)
那須北部体育連盟 会長 吉野 房昇 氏

ロータリークラブとは

ロータリークラブとは About Rotary

国際ロータリークラブHPより抜粋~

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある:

  1. 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
  2. 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること。
  3. ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
  4. 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記:「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動を起こさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致している。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから

  1. 真実かどうか?
  2. みんなに公平か?
  3. 好意と友情を深めるか?
  4. みんなのためになるかどうか?